人気宿泊施設ランキング

キツネがいっぱい!日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷」【愛知県】

普通の観光スポット
豊川稲荷
伏見稲荷と共に、日本三大稲荷の一つとして知られる「豊川稲荷」。稲荷と言えば岐阜県では「千代保稲荷神社(おちょぼさん)」が有名ですが、ここは神社ではなくお寺。正式名称は妙厳寺と言います。稲荷として知られているので、神社と思っている人が多いかもしれません。

托枳尼真天を祀る


豊川稲荷
創建されたのは1441年のこと。祀られているのは托枳尼真天(だきにしんてん)と言う神様。白い狐に跨っていることから稲荷のイメージが広がったと言うわけです。境内は広く緑が生い茂り、本堂もとても立派な建物でした。

ずらりと並んだ千本のぼり


豊川稲荷
豊川稲荷はただ普通に参拝するだけではなく、他にも見どころがたくさんあるんですよ。まずその一つがこちら、「千本のぼり」。これは参拝者の願い事が書かれた1,000本の旗なんですって。参道に果てしなく続きます。

願いを叶えてくれるおさすり大黒天


豊川稲荷
そして更に奥に進むと大黒様の像が立っています。こちらは「おさすり大黒天」。さすりながら願い事を言うと大黒様が聞いてくれるんだとか。いつの間にか削り取って財布に入れると良いと言う噂が広がり、大黒様が擦り減ってしまう珍事が発生し、今は何体目かの像だそうです。大黒様はさするだけで良いので、削り取らないでね!

1,000体もの狐がいる霊狐塚


豊川稲荷
豊川稲荷
そして裏の方にひっそりある「霊狐塚」を忘れてはいけない。ここには1,000体もの狐が納められているんです。狐好きにはたまらないかもしれませんが、普通にちょっと不気味。夜には絶対来たくないね。願いが叶った人がお礼として納めているそうです。

日本最古の郵便ポスト


豊川稲荷
一目見るだけで「なんか懐かしい!」と思う丸ポスト。なんと日本最古の明治45年製のもの。レトロでかわいいですが、ちゃんと今でも一日2回、収集しに来ているんですって。以上、いろいろなおもしろみがある豊川稲荷のご紹介でした。


住所:愛知県豊川市豊川町1番地
駐車場:有り(有料)
ホームページ:豊川稲荷








過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ