人気宿泊施設ランキング

絵本のようなターシャテューダーの世界へ「ターシャの庭」【可児市】

超オススメの観光スポット
ターシャの庭
皆さんは、ターシャ・テューダーさんをご存知ですか?アメリカの人気絵本作家であり、ガーデナーでもあった女性です。山の中に建てた「コーギーコテージ」で自給自足のスローライフを送り、その生き方に多くの人が憧れ共感を抱きました。そのターシャさんの家と庭を再現して作ったのものが、可児市の「花フェスタ記念公園」にあります。

バラの名所として有名な花フェスタ記念公園


ターシャの庭
花フェスタ記念公園は日本有数のバラの名所としても知られており、春のバラまつりの時期には、バラ好きの人が多く訪れるスポットでもあります。バラの時期は1,000円、バラ以外の時期は520円の入場料がかかりますが、私が訪れた日は無料感謝デーで入場料がかかりませんでした。ラッキー!

無料日は大混雑!


ターシャの庭
この日は子供向けのイベントが開催されていたり、屋台がたくさん出ていたりと、フェスティバルのような雰囲気。無料日と言うこともあって、バラは咲いていないものの大混雑していました。駐車場に止めるのにも一苦労…。

世界のバラ園の一角にあるターシャの庭


ターシャの庭
園内はものっすごく広いんですが、ターシャの庭があるのは「世界のバラ園」のすみっこの一角。どこだどこだと探し回っていたら突如現われました。正面から見ると意外と狭いんだと思いましたが、庭の中に入ってみるとこれが結構広い。

絵本の中のメルヘンな世界


ターシャの庭
ナチュラルガーデンを目指す私にとってはまさに憧れのお庭。訪れたのが4月と言うこともあって、春の花がたくさん咲いていました。絵本の中の世界のような空間で、非日常的な時間に癒されます。

小物が雰囲気を演出


ターシャの庭
花フェスタ記念公園内のターシャの庭は、ボランティアグループの方たちがターシャさんに憧れて作ったそうです。寂れたミルク缶やブリキ缶、スコップなどの小物は、今やナチュラルガーデンの定番の小物。ここが原点だったんですね。

ターシャの世界観に浸る


ターシャの庭
ターシャは1800年代の農村の暮らしに影響を受け、四季折々の花を育ててその生活を楽しみました。なんと彼女は、3歳の頃には既にガーデナーになることを決めていたそうです。草花の茂みから、ひょっこりターシャさんが顔を出しそうな世界観に浸ります。

森の中のかわいいお家


ターシャの庭
お庭が素敵なことはさながら、カントリー調のインテリアもこれまた素晴らしい。森の中のおうち、まるでシルバニアファミリーのようなかわいらしいインテリアです。こちらも忠実に再現されていますよ。

一つ一つの小物全てがかわいらしい


ターシャの庭
女性がまさに憧れる空間。一見無造作に置かれたものでもその空間にマッチして、一つ一つがこの庭を作り出しているのです。自分の世界を貫き、自分の思い通りに生きるターシャは憧れの存在です。センスも良かったのでしょうね。

憧れのコーギーコテージ


ターシャの庭
室内もターシャの住んでいた家に近づけた造りになっているのでこちらも必見。コップの並べ方一つとってもそっくりに再現されていますよ。ここでは絵本やグッズなどが販売されています。私もこんな家に住みたい!と帰りたくなくなるような、癒しの空間でした。


周辺の人気宿泊施設



多治見天然温泉 ホテルルートイン多治見インター
【住所】:岐阜県多治見市若松町4−1−30 



了山
【住所】:岐阜県可児郡御嵩町次月3420―7 



山神温泉 湯乃元館
【住所】:岐阜県土岐市下石町1953―1  



和味の宿 いわみ亭
【住所】:岐阜県瑞浪市日吉町9500−5  



あさひ荘
【住所】:岐阜県土岐市鶴里町柿野1719―23


矢印

住所:岐阜県可児市瀬田1584-1
営業時間:4月〜11月 9:00〜17:00(最終入園16:30)
       11月〜3月 9:30〜16:30(最終入園16:00)
定休日:火曜
入場料金:通常520円、春・秋バラまつり期間1000円
駐車場:有り(無料)
関連URL:花フェスタ記念公園



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437158084

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ