人気宿泊施設ランキング

世界と日本の自動車誕生からの歴史「トヨタ博物館」【愛知県】

オススメの観光スポット
トヨタ博物館
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館」の記事でもご紹介しましたが、愛知県は車の町として知られ、自動車についての博物館がいくつかあります。なんせ世界のトヨタの発祥の地ですから。今回は「トヨタテクノミュージアム」と同様、トヨタが運営するミュージアム「トヨタ博物館」をご紹介します。

世界の車160台の展示


トヨタ博物館
トヨタ博物館には、自動車が誕生してから今にいたるまでの世界中の車が約160台展示されています。本館と新館がありますがメインは本館で、こちらには120台ほど展示されていますよ。まずは2Fフロアーのガソリン自動車誕生当時の車から歴史スタート!

100年前のクラシックカー


トヨタ博物館
19世紀末、今から約100年ほどの車と言うのは今の自動車の形とは全く違い、人力車や馬車(の乗る方)のような形に似ていました。写真では分からないかもしれませんが、1台1台がかなり大きく重厚な感じがします。今でこそ世界でもトップクラスの自動車産業を誇る日本ですが、当時はまだまだ世界には追いていかれていました。

ガソリン車第一号のベンツ


トヨタ博物館
1930年頃でも、自動車は一部の富裕層だけが乗れるもの。ものすごく高級なものだったのです。右手前の車はメルセデス・ベンツ。実はベンツは、ガソリン車として第一号の車でもあるんですよ。今でも高級車ですが、当時から最先端を行っていたのです。

アメリカ製のスポーツカー


トヨタ博物館
自動車と言えばドイツやフランスなどのヨーロッパが始まりですが、1950年代にはアメリカも力を入れ始めます。ヨーロッパ製スポーツカーに対応して作られたシボレーコルベット。オールドアメリカン大好きな私にはたまりません。内装がレトロでかわいい!

日本車の歴史


トヨタ博物館
世界の車の展示の次は、いよいよ日本の車の歴史が始まります。1950年ごろからの懐かしい車が展示されていますよ。トヨタだけではなく、日産やスズキ、ホンダなどの車も見ることができます。

国産車の始めの頃の車


トヨタ博物館
戦後、まだ一般家庭には車がない時代の車たち。初代コロナ、ブルーバード、グロリア、クラウン、S500などのレトロな車から始まりますよ。クラシックカーって今だと逆におしゃれに感じますよね。

進化し続ける自動車


トヨタ博物館
この辺りになると見覚えのある人も多いかもしれません。アラサーの私が生まれた当時の車たちです。1980年ごろですね。当時は最先端だったものが今では時代を感じ、知らない間に技術が進化したり流行が変わっているのだと感じました。よく今の車まで進化したなと。しかし30年後にはこれもまた、博物館に展示されるのでしょう。

古い時代を再現した新館


トヨタ博物館
新館の方は展示が少ないのでざっくりと。自動車が普及し始めた頃の様子を、当時の生活用品やおもちゃなどと共に再現されています。こちらは歴史博物館と言う感じでした。
企業博物館としては高めな料金設定ですが、さすがトヨタ、十分な展示内容で特に車好きではない私でも満足できる内容でした。








過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433606552

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ