人気宿泊施設ランキング

江戸時代の宿場の町並みを残す「東海道関宿」【三重県】

普通の観光スポット
関宿
江戸時代、徳川幕府によって東海道に53の宿が設けられ、三重県亀山市の「関宿」は、東京品川から47番目の宿場として整備されました。当時は参勤交代、お伊勢参りの人たちが多く行き交う交通の要衝だった町並みです。今でも当時の面影を残した、伝統的な景観が約1.8km続いています。

国の「重要伝統的建造物群保存地区」


関宿
ほとんどの東海道の宿場町が当時の旧態を残していない中、関宿はよく維持・保存されており、国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されています。タイムスリップしたような趣のある町並みですが、観光客はとても少なかったです。敢えて観光化していないような感じで、ありのままのその感じが好感を持てます。

しっとり風情ある町並み


関宿
街道沿いには、古民家を生かしたカフェや雑貨屋さん、歴史資料館などがあるので、散策MAPを手にブラッと歩いてみるのも楽しいものです。しっとりと落ち着いている町並みで、とても心地のよい空間です。

道の駅で情報収集


関宿
近くに「道の駅関宿」がありそちらで情報収集などもできるので、関宿散策の前に立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。道の駅ではレンタサイクルもやっています。歩くのが嫌だと言う方は、自転車で回ってみてください。

日本最古の地蔵菩薩がある地蔵院


関宿
日本最古の地蔵菩薩を本尊とする741年開創の「地蔵院」は、国の重要文化財にも指定されています。あまり人はいませんが、実は見どころいっぱいの関宿。空いているので連休などのお出かけにもおすすめ!


住所:三重県亀山市関町木崎、中町、新所
駐車場:有り(無料)
ホームページ:関宿








過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432755572

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ