人気宿泊施設ランキング

三重の歴史や暮らしを学ぼう!「MieMu(みえむ)」【三重県】

普通の観光スポット
みえむ
三重県津市にある「三重県総合博物館」が2014年にリニューアルして「MieMu(みえむ)」として新しく開館しました。古かった建物を一新して近代的なおしゃれな建物へ。最近のミュージアムは、見た目も展示も凝っているものが多く、大人でも意外と楽しめますよ。

国内史上最大の哺乳類「ミエゾウ」


みえむ
さて、こちらの大きな骨格、なんだか分かりますか?実は、国内で発見された哺乳類の中で史上最大の動物として知られる「ミエゾウ」なんです。名前の通り、三重県で発見されました。約430〜300万年前に生息していました。全長7.6m、体高3.6mとかなりのデカさ。こんなのがウロついていたなんて、太古の地球恐すぎ。

グラフィカルな三重県パネル


みえむ
展示室の入り口にはグラフィカルなパネルの展示が。三重県の観光名所や自然が集められています。ひと昔前の博物館とは違い、3DやCGを使った展示が多いのが最近の博物館です。これなら子供の興味も引き付けられそうですね。

古代の三重県


みえむ
まず最初にお勉強することは、三重県の成り立ちや地形などについて。古代の三重から知ることになります。ちなみにここにも骨格展示があって、こちらは「アケボノゾウ」になります。これは先ほどの大きな「ミエゾウ」が小型化した子孫と言われているゾウさんです。

自然を再現


みえむ
本物の森へ来たかのような展示が特徴のエリア。大台ヶ原山や大杉谷の自然を再現しているそうですよ。博物館ではよく見る感じの展示ですね。

動物たちのジオラマ展示


みえむ
鈴鹿山脈や伊勢湾などの動物や植物のジオラマ展示もあります。文章でつらつらと見るよりは、分かりやすくて楽しめますよ。特にイワシのトルネードの模型は、作り物ながらすごい迫力がありました…。

小スペースの展示室


みえむ
あとは伊勢神宮関連の展示が多かったですね。江戸時代頃のお伊勢参りについて、詳しく書かれていたりします。展示室は小スペースで、県の博物館としてはかなり小さいように感じました。子供たちの交流ゾーンにスペースを割いているとかなんとかなので仕方ない気もしますが、少し見応えが足りなかったような。

天然記念物・オオサンショウウオのさんちゃん


みえむ
最後に、オオサンショウウオのさんちゃんを見つけて観察してきました。希少なあなたにまさかこんなところで出会えるなんて思いもしなかったわ。とは言え、のんびりしているのでほとんど動きませんでしたが…。


住所:三重県津市一身田上津部田3060
営業時間:火〜金 9:00〜17:00
       土、日、祝 9:00〜19:00
入場料:大人510円
定休日:月曜
駐車場:有り(無料)
ホームページ:MieMu








過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432754480

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ