人気宿泊施設ランキング

モダンな時代を再現した「日本大正村」【恵那市】

イマイチの観光スポット
日本大正村
愛知県犬山市の「博物館明治村」、岐阜県美濃加茂市の「日本昭和村」。どちらもその時代をイメージした有名テーマパーク。そこらより知名度は落ちますが、恵那市にも「日本大正村」があり、大正時代の趣が残されています。明治と昭和だけじゃ間が抜けてますからね、これで揃った。

特定の敷地があるわけではない


日本大正村
明治村や昭和村と違うのは、入場料がいる敷地内に作られたレジャー施設ではないと言うこと。明智町と言う小さな町全体を「日本大正村」と言うので、特に入場口があるわけではありません。町おこしで作ったようです。散策は自由で、入館料のいる場所でのみ費用がかかります。

モダンな造りの役場


日本大正村
まずはモダンな木造建物が特徴的な村役場。作られた当時は、驚くほど現代的だったようです。昭和32年までは明智町役場として活躍していた建物。現在は大正村役場や休憩所、案内所として利用されています。

和風×洋風ミックスな文化


日本大正村
実際に使われていた村長室は、私たちが想像する大正時代そのものでやたらゴージャス。大正時代って異国の文化が広まりつつある中、日本の文化も残しており、いい意味でも悪い意味でも玉石混合だったのかも。

ハイカラな建物


日本大正村
町を少し歩けば、大正時代を思わせる建物を見ることができます。現代の鉄骨の建物とも違い、古い町並みにあるような和風の建物とも違い、この時代ならではのレトロな建物。いわゆるハイカラ。大正時代は14年間しかなかったためか、なんだか儚くも感じます。

全てを統一して欲しかった


日本大正村
大正時代の建物は素敵ですが、欲を言えば町全体がこうであって欲しかった…。と言うのは、大正風の建物の間に普通の民家やお店があって、統一感のない感じになってしまっていたのです。そして観光客もとても少ない…。

モダンな大正ロマン館


日本大正村
そんな気持ちを持ちつつ、大正ロマン館へ。絵に描いたようなモダンな洋風建築の建物です。大正時代についての資料などが展示されており、日本大正村の中ではぜひ訪れていただきたい場所です。

村長はすごい人ばかり


日本大正村
明治村や昭和村のような派手さはなく、ひっそりと運営しているイメージの大正村ですが、実は歴代村長は名立たる女優さんばかり。初代村長となったのは「高峰三枝子」さん。銅像も飾られています。二代目村長は司葉子さん。そして現在三代目村長は竹下景子さん。

大正ロマン館の展示


日本大正村
館内には、高峰三枝子さんの写真や豪華なドレスなどが展示されています。また、高峰さんの愛車であったニッサンプレジデントもありますよ。何かとレトロなものを見ることができるので、入ってみると面白いかと思います。

短く儚い大正時代


日本大正村
上から見てもご覧の通り大正時代感はほとんどないので、大正時代にタイムスリップしたようだった!とは言えませんが、いい経験にはなりました。祖母は大正生まれだったもんなー、どんな時代だったんだろう。平成の世の中でモノに溢れて平和ボケしている私には想像もつかないな。短い激動の14年間は、なんだか夢のようだ。


周辺の人気宿泊施設



ホテルルートイン中津川インター
【住所】:岐阜県中津川市手賀野375−1



岩寿荘
【住所】:岐阜県中津川市蛭川4467―4



ホテル花更紗
【住所】:岐阜県中津川市神坂280



杣人の里 挽家(そまびとのさと ひきや)
【住所】:岐阜県中津川市加子母6406



かんぽの宿恵那
【住所】:岐阜県恵那市大井町2709


矢印

住所:岐阜県恵那市明智町
入館料:4館共通券大人500円 ※それ以外の施設は無料
営業時間:9:00〜17:00
駐車場:有り(有料)
ホームページ:日本大正村








過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ