人気宿泊施設ランキング

古生物のメッカにある「金生山化石館」【大垣市】

イマイチの観光スポット
金生山化石館
伊吹山地の南東部に位置する、東西1km南北2km丘陵「金生山」。この辺りは大昔は海だったことから、数多くの化石が発掘されている場所でもあります。そんなことから「日本の古生物学発祥の地」と呼ばれ、地質学古生物学において世界的な模式の一つになっているのです。

小さな博物館


金生山化石館
金生山の中腹には「金生山化石館」があり、ここ赤坂地区で見つかった化石を始め、各種の化石が展示されています。まぁ入場料100円なので仕方ありませんが、かなり小さな博物館です。サッと見れば10秒ぐらいで見終わりそうな…。

2億5千年前の生き物


kinshouzankaseki03.jpg
とは言え、道に迷ってまでせっかくここまで来たのだからじっくり見ていこう。まずは「関ヶ原鍾乳洞」の中でも見ることができた"ウミユリ"の化石。まるで植物のようですが、ウニやヒトデの仲間の生き物です。2億5千年前の古生代ペルム紀の地層から多く見つかっているそうです。気が遠くなるほどの昔…。

史上最大の二枚貝


金生山化石館
こちらは史上最大の二枚貝。の一部。赤坂石灰岩から見つかったもので、未だ全体の形状が収まっていません。全体があれば、幅80cm、長さ160cm以上の大きなものになるんだとか。私が見たら、ただの石にしか見えない。学者はすごいな。

化石から歴史を知る


金生山化石館
石炭紀・ペルム期、中生代、新生代…当時は全然違う岐阜県、いや地球が広がっていました。その時代から命を繋げ、よくもまぁここまで進化したもんだと、こういう博物館に行く度に思います。化石一つから歴史の謎が紐解ける場合もあるので、まさにここは宝の山。あまり知られてはいませんが、実はものすごい場所だと思う、金生山。

もう少し面白い展示があっても…


金生山化石館
そんな貴重な化石や鉱物を、約700点も展示している化石館も実はすごい。ただ、ガラスケースにずらっと並べてあるだけの展示なので、絵や図などがもっとあってもいいんじゃないかと。一つ一つじっくり見ればおもしろいけどさ…子供でも興味が持てるのか、コレ?

地球の歴史と未来


金生山化石館
それでも、目の前にある化石が何億年もの時を経てここにいると思うと信じられません。ここが海だったのも信じられないし。日本が大陸と繋がっていたのも信じられないし。私たちが見ている地球は長い歴史の中のほんの一部で、以前も以後も、全く違うものなんだろうと思う。2億年後の人たちが、化石から私たちの生活を知ったりするのかな。……それまで地球持つのかしら。


周辺の人気宿泊施設



滝元館 遊季の里
【住所】:岐阜県養老郡養老町養老公園1290―167  



養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
【住所】:岐阜県養老郡養老町押越1374番地50 



アパホテル<大垣駅前>
【住所】:岐阜県大垣市高屋町1-150



バードグリーンホテル フェンテ・グランデ
【住所】:岐阜県大垣市南頬町1−159  



ホテルルートイン大垣インター
【住所】:岐阜県大垣市築捨町4丁目115-1


矢印

住所:岐阜県大垣市赤坂町4527番地19
営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日:火曜
入館料:大人100円•18歳未満無料
駐車場:有り(無料)
関連URL:金生山化石館








過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ