人気宿泊施設ランキング

トトロの世界を完全再現!「サツキとメイの家」【愛知県】

超オススメの観光スポット
サツキとメイの家
2005年に長久手のモリコロパークで行われた愛・地球博。開催時に絶大な人気を誇っていたパビリオンの一つが、宮崎駿監督によるジブリアニメ「となりのトトロ」を再現した「サツキとメイの家」でした。現在万博跡地が「愛・地球博記念公園」として整備され、他のパビリオンは撤去されていますが、こちらのお家だけは残されています。

観覧は時間制、待ち時間有り


サツキとメイの家
愛知万博にも行っておらず前調べもしなかった私は、行ったら普通に入れるものだと思っていました。ところがどっこい、予約制だったのね…。と言うか、30分置きに人数制限有りのガイド付きで案内すると言うことで、行った順に待たなければなりません…。何も知らなかった私は運も悪く、1時間待ち…。前売りで買っとけば良かった…。

いざ、草壁家へ!


サツキとメイの家
1時間周りをウロウロ散策して、ようやく私たちの番。ガイドさんの説明を受けてから付いていくと、そこにはアニメのまんま、超リアルな草壁家がありました。ジブリは好きですがそこまでファンではない私ですら、これには感激の嵐。まるでトトロの世界に入り込んだよう。草壁と言う苗字だったことすら知らなかったけどね…。

超リアルに再現されたこだわりの家


サツキとメイの家
こんなブログじゃ説明しきれないぐらい書きたいことがいっぱい!トトロの時代背景は昭和30年代だそうで、この家は当時流行った洋風と和風がミックスした「文化住宅」と言われる造りだそうです。トトロを一度でも見たことのある人なら、一目瞭然ですぐに彼女たちの家だと言うことが分かるほど忠実なものとなっています。

こだわりは細かい部分まで


サツキとメイの家
屋内は撮影禁止、外からなら撮っても良いということだったので、お庭に面したお父さんの書斎をパチリと。家は当時の技法を使って超リアルに再現されており、もちろん小道具にもこだわっています。たんすをあければみんなの服があり、勉強道具や仕事道具もばっちり用意されている。ちゃんと生活できるこの家を見ていると、今にもサツキちゃんとメイちゃんの笑い声が聞こえてきそう…。

アニメのワンシーンを思い出させる


サツキとメイの家
写真でお見せできないのが残念ですが、お風呂、階段、台所…全てにおいてアニメと全く同じなので、それぞれの場所を見ると脳裏にアニメの一つ一つのシーンが思い出されます。なんだか実際に草壁一家がここに住んでいたかのように思えてきました。ちなみにたんすに入っている服は、季節によって変わっていくそうです。そんなところにもこだわりを感じます。

庭に出てみよう


サツキとメイの家
もちろん、室内だけではなく庭に出てみてもおもしろい。ついついトトロがいるんじゃないかと探してしまうほど。縁の下を覗いて見れば、トトロが大好きなどんぐりが落ちていたり…。ちゃーんとトトロ用のお食事も用意されていますよ。

昭和時代にタイムスリップ


サツキとメイの家
アニメはもちろん、昭和の古き良き時代を体験することもできますよ。現代っ子の小さいお子さんには新鮮に感じることでしょう。また、大人の方でもノスタルジックで懐かしい気分になること間違いなし。そんなにジブリに詳しくない方でも、誰もが一度は目にしている「となりのトトロ」。知らない人はいないですもんね、やっぱり宮崎駿監督は天才なんだな。

ファンでもファンじゃない人も大満足!


サツキとメイの家
お父さんが3人乗りを見せた自転車、「腐ってる〜」の柱、トトロの通り道縁の下、当時使われていた木の電柱など、見どころはたくさんあります。30分間と言う決められた時間ですが、探してみるともっと細かいこだわりが見つかると思いますよ。トトロの世界にどっぷり浸かり、心温かい気分になるスポットでした。予約されている方は、愛・地球博記念公園の駐車場から結構歩きますので、お早目にどうぞ。


住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1
入場料:大人510円 / 4歳以上、中学生以下250円
営業時間:平日:10:00〜16:30 / 土日祝:9:30〜16:30(季節により変更あり)
定休日:月曜
駐車場:有り(無料)
関連URL:サツキとメイの家



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ