人気宿泊施設ランキング

豊臣秀吉が一夜にして築いた伝説が残る「墨俣一夜城」【大垣市】

イマイチの観光スポット
墨俣一夜城
犀川堤の桜が美しい「墨俣一夜城」。毎年お花見に行くよ!と言う方も多いかと思いますが、実際お城の中に入ったことのある方は少ないんじゃないでしょうか。もちろん、名将豊臣秀吉が築いたことで有名なお城ではありますが、観光スポット的に人気があるかと問われれば首をかしげるところ。それは当時の面影を全く残していないことにあるのかもしれません…。

出世ひょうたん


墨俣一夜城
まずお城の入り口で目を引くのが大量のひょうたん。これは秀吉の馬印(長柄の先に付けた印)がひょうたんだったことに由来します。あれよあれよと言う間に手柄を立て天下人となった豊臣秀吉。その出世力にあやかり、ひょうたんに願いを托すと言う絵馬のようなものです。

歴史を感じない内装


墨俣一夜城
お城は5階建て。各フロアーは小さめ。少ないと言えど秀吉や歴史についての勉強にはなる資料は展示されているですけどねぇ。いかんせん造りが全く歴史を感じさせなかった。階段なんか学校の非常階段のような造りでちょっと薄気味悪かったし。

当時の面影は全く残っていない現在の城


墨俣一夜城
この墨俣城、豊臣秀吉が一日にして築いたと言う伝説から「一夜城」と呼ばれていることは有名ですが、そんなこと、果たして本当に可能だったのでしょうか。実はこの伝説も文献が残っているわけでもなく不明な点が多いことから、詳しいことは分かっていないそうです。
また、当時のお城の形は今とはうってかわって、天守閣などない小屋のようなものだったのです。だったら一日でできたと言われても納得できる気が…。

本当はついてなかったよ、金のシャチホコ


墨俣一夜城
と言うことで、もちろんこの純金のシャチホコも当時はついていませんでした。が、なぜか今は屋根の上に光輝いています。火災よけのお守りとして墨俣町を守ってくれるよう、願いをこめて付けられたんですって…。

歴史以外の展示も多い


墨俣一夜城
墨俣一夜城
2階、3階は秀吉が戦った戦いや生涯についての資料や武具などが展示されています。歴史好きとしてはこの辺りだけは面白かった。ですが、地元の偉人の紹介やギャラリーが多く、なんかもう何でもありの展示施設となっていた感じがいなめなかった。戦国時代に統一しても良かった気が…。

最上階からの岐阜の眺め


墨俣一夜城
最上階には何もなく、展望スペースになっていて景色が見渡せます。犀川、長良川の景色はきれいでしたよ。桜の季節は上空からのお花見を楽しめそう。せっかくお城なので、再建とは言えもう少し"歴史感"が欲しかったお城でした。まぁ当時が小屋みたいなお城だからなぁ。歴史感出すの難しいよね…。


周辺の人気宿泊施設



滝元館 遊季の里
【住所】:岐阜県養老郡養老町養老公園1290―167  



養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
【住所】:岐阜県養老郡養老町押越1374番地50 



アパホテル<大垣駅前>
【住所】:岐阜県大垣市高屋町1-150



バードグリーンホテル フェンテ・グランデ
【住所】:岐阜県大垣市南頬町1−159  



ホテルルートイン大垣インター
【住所】:岐阜県大垣市築捨町4丁目115-1


矢印

住所:岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1
営業時間:9:00〜17:00
定休日:月曜
入館料:大人200円•18歳未満無料
駐車場:有り(無料)
関連URL:墨俣一夜城



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414979045

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ