人気宿泊施設ランキング

歴史ファン必見!「関ケ原町歴史民俗資料館」【不破郡】

オススメの観光スポット
関ケ原町歴史民俗資料館
1,600年に、徳川家康率いる東軍と石田光成率いる西軍が衝突した「関ヶ原の戦い」。たった6時間の戦いだったにも関わらずその合戦は「天下分け目の戦い」と呼ばれ、後世にまで名を残すまさに天下を二分した戦いだったのです。有名な戦いなので名前は聞いたことはあると思いますが、詳しくは知らないわ、と言う方はぜひ「関ケ原町歴史民俗資料館」に行って学んでいただきたい。

散策前に合戦のお勉強


関ケ原町歴史民俗資料館
関ヶ原町には、古戦場や武将の墓地、陣地跡などが多数点在しています。町全体が史跡みたいなものです。歴史巡りをするのも楽しいですが、まずはここ「関ケ原町歴史民俗資料館」に来ればその詳細や概要がよく分かり、散策をするのにも役立ちます。

内容の濃い展示


関ケ原町歴史民俗資料館
残念ながら館内は撮影禁止だったため、展示内容を写真でお伝えすることはできません。2階建てですが2階は企画展などの催しで使われているため、関ヶ原の戦いについて学べるのは1階のみ。思ったよりも小さなスペースでの展示でしたが、ジオラマや屏風絵などを使った展示がとても分かりやすかったです。

分かりやすい解説で戦いについて知る


関ケ原町歴史民俗資料館
電光を使った大型ジオラマで、なぜ戦いが起こったのか、誰が参加していたのか、どこでどんな戦いがあったのか、など、関ヶ原の戦いについての詳細の解説がされています。たった8分程度の解説になりますが、結構知っていると思っていた自分が恥ずかしいぐらい、知らないことも多くて勉強になりました。

歴史にちなんだグッズも充実


関ケ原町歴史民俗資料館
小さな建物にも関わらず、観光バスや他県ナンバーの車も多く来ていたのにはびっくり。ファンにはたまらない場所ですもんね、関ヶ原。ミュージアムショップでは、家紋スタンプや家紋入りミニのぼりなどのグッズが販売されており、歴史好きとしては全部集めたくなっちゃうような商品が目白押しでした…。

歴史が繋がって今がある


関ケ原町歴史民俗資料館
400年前にこの土地で、東軍の兵7万4千と西軍の兵8万4千が戦っていたのかと思うとゾクゾクしちゃいますね。小早川の裏切りなどもなく圧倒的に有利だった西軍が勝っていたら、平和な江戸時代は訪れず今の日本は全く違うものだったのでしょうか…。そう考えると、東軍が勝つべくして勝った戦いだったのかもしれません…。現代の日本も、こんな時代の先にある平和なんですね。歴史って奥深い…。

周辺の人気宿泊施設



滝元館 遊季の里
【住所】:岐阜県養老郡養老町養老公園1290―167  



養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
【住所】:岐阜県養老郡養老町押越1374番地50 



アパホテル<大垣駅前>
【住所】:岐阜県大垣市高屋町1-150



バードグリーンホテル フェンテ・グランデ
【住所】:岐阜県大垣市南頬町1−159  



ホテルルートイン大垣インター
【住所】:岐阜県大垣市築捨町4丁目115-1


矢印

住所:岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原894-28
営業時間:9:00〜16:30 (4月〜10月)/9:00〜16:00 (11月〜3月)
定休日:水曜
入場料:大人350円/小人200円
駐車場:有り(無料)
関連URL:関ケ原町歴史民俗資料館web



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412659806

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ