人気宿泊施設ランキング

神秘的なパワースポット「二見興玉神社と夫婦岩」【三重県】

普通の観光スポット二見興玉神社と夫婦岩
言うまでもない三重県の人気観光スポット「夫婦岩」。二見興玉神社の沖合いにあります。伊勢神宮からも近いため、伊勢の観光ルートでは外せない場所です。今でこそ伊勢神宮がメインになりがちですが、実は昔から慣わしがあり、二見浦の海水で心身を清めてから伊勢神宮へ参拝へ行くと言うのがルールだったんです。そのため現在でも、二見興玉神社→伊勢神宮と言う順序で参拝に訪れる人も多いんですよ。

縁結びや夫婦円満のご利益


二見興玉神社と夫婦岩
祀られているのは猿田彦大神。物事を善い方へとおみちびきしてくれる神様です。ご利益は縁結びや夫婦円満などなど。まぁ「夫婦岩」がありますもんね。縁結びにはバッチリ効きそう。

思っていたより小さな神社


二見興玉神社と夫婦岩
海沿いの境内を少し歩くと本殿があります。思っていたよりも新しくて小さな建物に少しガックリしてしまいましたが、ここは神社と言うよりやっぱり夫婦岩の景勝地として有名なのでまぁしょうがないか。ロケーションは抜群です。

岩の間から日の出が見られるのは4月〜8月


二見興玉神社と夫婦岩
そうそう、夫婦岩と言えば「日の出」の美しい場所としてが有名ですね。初日の出を狙って行くカメラマンさんも多いんじゃないでしょうか。しかし美しいことに変わりはありませんが、いつでも夫婦岩の間から日の出が拝めるわけではありません。間から日が昇るのは4月から8月頃まで。とは言え、元旦には初日の出見たさのお客さんで相当混雑するそう。

猿田彦大神の神使の蛙たち


二見興玉神社と夫婦岩
境内を歩いているといたるところにカエルの姿が。蛙は神様の使いとして祀られていることが多いのですが、ここの神社も例外ではなく、猿田彦大神の神使だと言われているそうです。無事にかえる、貸したものがかえるなどと言う意味ともかけてあるんだとか。ちなみに、岐阜県下呂市の「加恵瑠神社」にもたくさんの蛙がいましたよ。

大注連縄で繋がった夫婦岩


二見興玉神社と夫婦岩
本殿から少し裏へ回ると、いよいよ見えてきました夫婦岩!夫婦で寄り添うかのようにドッシリ構える二つの岩が、沖合い700mの位置に佇みます。男岩は高さ9m、女岩は高さ4m。二つの岩にはしっかりと大注連縄が巻かれ、愛の強さを感じさせました。浮世絵などにも描かれており、古くから大切にされていたことが分かります。

沖合い700mに鎮まる興玉神石


二見興玉神社と夫婦岩
昔から巨石や山は神が宿る場所として、信仰の対象になってきました。ここもその一つで、沖合700mには猿田彦大神縁りの興玉神石が鎮まり、夫婦岩はその鳥居の役割も持っているそうですよ。神が鎮座していることを表しています。

願いが叶う満願蛙


二見興玉神社と夫婦岩
夫婦岩も堪能して、来た道を引き返していると「満願蛙」を発見。水をかけると願いが叶うと言われているそうです。てっきり手前の蛙に水をかければいいのかと思いきや、満願蛙は水の中にいると言う注意書きが。なんてこった、間違えた…。

きれいな景色だった


二見興玉神社と夫婦岩
夫婦岩を後にしていざ岐路へ。岐阜にいると絶対に海を見ることができないので、たまにこうして海を見るととても癒されます。今回もいい旅だった。夫婦岩におでかけの方は、ぜひ伊勢神宮とセットでどうぞ。


住所:三重県伊勢市二見町江575
駐車場:有り(無料)
ホームページ:二見興玉神社



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410917811

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ