人気宿泊施設ランキング

大垣市のシンボル的存在「大垣城」【大垣市】

オススメの観光スポット
大垣城
大垣駅から近く、大垣市の市街地にででんと建つ「大垣城」。戦争で消失する前までは国宝にも指定されていました。現在のお城はコンクリートで復元されたもので、本丸、二ノ丸址は大垣公園として市民の憩いの場になっています。

お財布の寂しい時でも大丈夫!


大垣城
他のお城に比べ、入場料が100円と激安。駐車場が完備されていないのがちょっと不便ですが、近くにコインパーキングや立体駐車場などがあります。関ヶ原の合戦の時に戦地となったお城ですが、あまり人は来ておらず…。ただ、外国の方が嬉しそうに写真を撮っている姿には、なんだか日本人として誇らしく思いました。

城内の歴史資料館へ


大垣城
4層4階建ての城内は、よくある歴史資料館。定番の甲冑や武具などが展示してありますよ。資料や展示物はそれほど多くはありませんが、100円にしては見応えたっぷりで十分満足できる内容となっていました。

中国から伝えられた八陣の法


大垣城
私は戦国時代だけではなく三国志も大好きなんですが、そこでも色々な陣形が使われていました。戦国時代に最も有名だった八つの陣形「八陣の法」は、中国から伝わったと言われています。鶴が羽を広げたように左右に展開する「鶴翼の陣」の考案者は、三国志の名軍師「諸葛孔明」と言う噂ですし…。レッドクリフの金城武演じる諸葛孔明…かっこよかったなー。

槍を持って合戦体験


大垣城
大垣城
火縄銃、槍、弓などを実際に触ってみることも。火縄銃は他のお城でも持ってみたことがあるので、今回は槍にチャレンジ。長っ!武士と認められた人は槍を持つことが義務付けられ、騎馬、徒歩に応じて1.8mから6.3mのものまで様々な長さの槍が使用されていたそうです。でも火縄銃の軍隊が来たら一発でやられちゃうよね…。

関ヶ原の合戦では西軍の根拠地


大垣城
大垣城は1535年、宮川安定によって築かれたと伝えられています。その後織田信秀により落城され、織田信辰が5年間城主を務めたそうです。そして忘れてはいけない関ヶ原の合戦。大垣市と関ヶ原町は近いため、ここ大垣城もその舞台となっていました。関ヶ原合戦では石田三成らが入城し、西軍の根拠地にも使用されていたんですよ。

焼けてしまう前の大垣城


大垣城
戦争で焼けてしまう前までの大垣城はこんなに広かった!今ある大垣公園の場所に、本丸、二ノ丸、お堀などがあったんですね。戦災で国の宝も、貴重な建物も、人の命も、色々なものを失ってしまった。残っていたらなーとしみじみ思うのでした。

天守閣からの景色


大垣城
平城のため、天守閣からの景色には期待していなかったのですが、意外と高くて眺めも良かった。市街地のど真ん中なので大垣の町並みが一望できますよ。大垣市のシンボル「大垣城」。一度行ってみても損はありません。小さいですが歴史に少しでも興味があれば、満足できると思います。


住所:大垣市郭町2丁目52番地
入館料:大人100円
開館時間:9:00〜17:00(入城は16時30分まで)
駐車場:周辺に有り(有料)
ホームページ:大垣城


周辺の人気宿泊施設



滝元館 遊季の里
【住所】:岐阜県養老郡養老町養老公園1290―167  



養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
【住所】:岐阜県養老郡養老町押越1374番地50 



アパホテル<大垣駅前>
【住所】:岐阜県大垣市高屋町1-150



バードグリーンホテル フェンテ・グランデ
【住所】:岐阜県大垣市南頬町1−159  



ホテルルートイン大垣インター
【住所】:岐阜県大垣市築捨町4丁目115-1


矢印



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ