人気宿泊施設ランキング

徳川家康が眠る国宝神社「久能山東照宮」【静岡県】

オススメの観光スポット
久能山東照宮
東照宮と言えば日光を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は先に創建されたのはここ、静岡市にある「久能山東照宮」。家康は亡くなる直前に「遺体は久能山に葬り、一周忌を過ぎてから日光に勧請すること」と遺命を残しています。つまり、日光よりも先に埋葬された場所こそが久能山なのです。

日本平からロープウェイに乗って


久能山東照宮
東照宮があるのは、標高216mの小高い山の上。1159段の階段を登って行くこともできるのですが、今回は5分で辿り付けるロープウェーで。バスツアーの寿司食べ放題が人気の「日本平パークセンター」がある日本平にロープウェイ乗り場がありますよ。

ロープウェイは1時間待ち


久能山東照宮
訪れたのがちょうど正月と言うこともあってすごい人…。駐車場も大混雑だったし嫌な予感。そんな予感は的中し、長蛇の列が。ロープウェイに乗るのに1時間待ちと言う案内。……しまった。初詣客で混んでいるのか。別に初詣に来たかったわけじゃなかったから、違う時期に来れば良かった。と言っていてもしょうがないので、とりあえず並んで待つことに。

ようやく乗れたロープウェイ


久能山東照宮
長い待ち時間を経て、ようやくロープウェイが見えてきました。こんなことなら階段を登っていった方が良かったなー。せっかくの静岡の旅なのにだいぶ時間をロスしてしまった。とまぁ愚痴っていてもしょうがないので、久能山散策を楽しみにレッツゴー!

駿河湾を眺めながら5分の道のり


久能山東照宮
1時間も待ったけど、ロープウェイに乗っている時間は5分程度。まるで遊園地のアトラクションに並んだかのような気分です。他の時期ならチャチャチャっと久能山まで行けただろうに。初詣目当てじゃない方、待つのが嫌いな方は正月は避けた方が無難です。ただまぁロープウェイから見える駿河湾の景色は美しかった。

国宝の久能山東照宮は見ごたえ十分


久能山東照宮
じゃじゃーん、こちらが東照宮。ここまで長かったなぁ。国宝にも指定されており、歴史好きとしては一度は訪れたかった念願の場所。鎮座してから約400年、今じゃ静岡屈指の観光地となっています。思っていたより境内は広くありませんが、博物館、楼門、拝殿、社殿など、見ごたえたっぷりな建物が建ち並んでいます。

当時のまま残る立派な建物


久能山東照宮
ここの建物は、創建当時のままの姿形がほぼそのまま残っているんですよ。修復はされているものの、400年建っているとは思えないほど立派。ゆっくり見たかったんですが、ご覧の通り参拝するのにも大行列です。手水舎で手を洗うだけでも並んだからね。

豪華絢爛な色使い


久能山東照宮
そしてなんと言っても特に美しかったのが極彩色・総漆塗りと言われる色使い。名古屋城本丸御殿に行った時も思ったんですが、戦国時代のお殿様たちはとにかく派手だったようですね。豪華絢爛で煌びやか。それこそが威厳を現していたのかもしれません。

徳川家康の手形


久能山東照宮
久能山東照宮には、徳川家康38歳の頃の手形が残されています。本物だったらすっごい貴重だよね、これ。写真なんてない時代だから、こういったものから本人像が見えてきますよね。それにしても身長155cm、体重60kgはメタボではないか。とは言え、人生50年と言われた時代に75歳まで生きた家康さんなので、健康的だったのでしょう。薬マニアとしても有名だし。

世界遺産富士山が望める


久能山東照宮
個人的には戦国武将の中ではあまり好きではない徳川家康なのですが、彼がいたからその後の平和な江戸時代が260年も続き、現代にいたるのかもしれませんね。何にせよ歴史に名を残したことに間違いはありませんから。
2013年に世界遺産に登録された富士山も望め、1時間待ってでも来た甲斐があったと思いました。400年前の建物が残っているのも不思議だけど、今の歴史も400年後に伝わっているのかな。歴史って奥深い…。


住所:静岡市駿河区根古屋390番地
営業時間:9:00〜16:50(閉館17:00、時期により異なる)
       博物館 大人400円、小人(小・中学生)150円
拝観料:大人500円、小・中学生200円
駐車場:なし
関連URL:大須商店街



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ