人気宿泊施設ランキング

桑名城があったお堀のある公園「九華公園」【三重県】

普通の観光スポット
九華公園
かつて三重県にあった「桑名城」。現在お城は残っていませんが、本丸、二之丸の城跡に「九華公園」が整備されています。お堀は残されており、公園の6割をお堀が占め、園内では様々な遺構を見ることができる歴史が残る公園なのです。

桑名城を建てた本多忠勝


九華公園
桑名城を築城したのは、徳川の側近として仕えた徳川四天王の一人「本多忠勝」。公園の前には、立派な像がちゃーんと建てられています。彼は生涯参戦した戦いの全てにおいて、かすり傷一つ残さなかったと言う伝説が残っているほどの名将でした。鹿の角のような兜が力強さを物語っています。

お堀の周りを散策


九華公園
広い公園なんですがそのほとんどがお堀で、その周りに作られた道を歩いて散策する感じ。堀上には多数橋が架けられており、いい雰囲気を出しています。こんなお堀だらけだったら攻める方もさぞかし大変だったでしょう。

様々な生き物が住み着く


九華公園
自然豊かな公園には生き物もいっぱい。魚や亀、鳥たちが住み着いていました。親子亀は超かわいかった。

三重県屈指の桜の名所


九華公園
ちょうど紅葉の時期で園内のモミジが真っ赤に色づいていてとても風情がありました。お城があったらもっときれいだったんだろうな。と言ってもモミジの数は少ないので紅葉狩りを楽しむには物足りないかも。どちらかと言えばここは桜の方が有名で、園内には、ソメイヨシノ、しだれ桜、山桜などの桜が約450本も植えられていてさくら祭りも開催されているんですって。

つつじ、花菖蒲の名所でもある


九華公園
その他にも、つつじ、花菖蒲の名所としても有名で、それぞれの花が咲く時期におまつりも開催されているようです。秋は哀愁漂い静かな雰囲気の公園だったんですが、違う時期に来たら賑やかな公園なのかもね。

桑名城のシンボル的存在の辰巳櫓


九華公園
1701年に天守閣が焼失して再建されなかったので、三重になった辰巳櫓が桑名城のシンボル的存在になっていました。明治維新の時に降伏の印として焼き払われて以降、この大砲が置かれているそうです。ただ、いつ置かれたかなどの由来は不明…。

園内にある鎮国守国神社


九華公園
園内には鎮国守国神社があり、この辺りの紅葉は色とりどりで特にきれいでした。紅葉を見に行ったわけではなかったけど運よくきれいに色づいた木々が見れ、秋を感じることができました。

住み着いた猫ちゃん


九華公園の猫
おまけ。九華公園に猫ちゃんが何匹か住み着いていました。子猫から親猫まで、次から次へ出てくるわ出てくるわ…。犬猫大好きな私としては猫ちゃんと戯れたかったんですが警戒され近くには来てくれませんでした。が、あまりのかわいさに写真を撮りまくったのでした。終わり。


住所:三重県名市吉之丸5-1
駐車場:有り(無料)
関連URL:九華公園



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ