人気宿泊施設ランキング

板取川のピチピチ鮎のおどり焼き「鮎の里ほらど」【関市】

オススメの観光スポット
鮎の里ほらど
清流が流れる岐阜はおいしい鮎が有名です。特に関市や郡上市にはやなが多く、夏季には上質な鮎料理を求めて、県外からも多くのお客さんが訪れますよ。今回はその中の一つ、オートキャンプ場も併設している関市にある「鮎の里ほらど」に行ってきました。

冷暖房完備で快適な店内


鮎の里ほらど
ここは清流板取川を眺めながら食べられる開放的なやな。小さい頃に行ったやなの記憶では、店内がすごくゴチャゴチャしていて暑い中食べた記憶がありますが、鮎の里ほらどは冷暖房完備で快適空間。

鮮度抜群の鮎


鮎の里ほらど
キャンプがメインで来るお客さんも多いようですが、もちろん鮎料理にも徹底的にこだわっています。注文してからいけすから取り出すので鮮度も抜群。生きた魚に直接串を刺していきます。

自分で焼いて食べるおどり焼き


鮎の里ほらど
おどり焼きは新鮮ですが、串を刺すことに抵抗がある人にはちょっと向かないかも…。とは言え、自分で焼いて食べられる経験も滅多にないので、贅沢な気分になります。普段外食と言えば100円寿司ぐらいしか行かない私にとってはちょっと特別な時間。

選べるコースの種類


鮎の里ほらど
コースは2,000円、3,100円、3,600円、4,600円と4種類あり、自分に合った料理が選べますよ。もちろん高くなるごとに量も増えていきますが、今回は人気の3,100円コースをいただきました。女性ならこれで十分食べ応えがありますよ。

コースの内容


鮎の里ほらど
私の選んだコースには、生鮎、鮎の煮付け、鮎の唐揚げ、マリネ、鮎雑炊がついていました。スーパーで買うと鮎って高いですからね、こんなに食べられて幸せ。これぞ至極の時間。新鮮なだけあって身が引き締まっていました。

ちょっと贅沢な時間を


鮎の里ほらど
鮎雑炊で占めてお腹もいっぱい。あまりグルメではない私ですが、たまにはこんな贅沢もいいものですね。ロケーションも抜群でとても楽しい時間でした。一回来ると毎年来たくなっちゃいます。

夏の楽しみの一つとして


鮎の里ほらど
花火大会流しそうめんが私の夏の一大イベントとなっていますが、これからはやなも仲間入りさせたい…。ちょっと贅沢だからなかなか来れないけどね。また来れたらいいなーと、来年の夏に向けて板取川に願いを馳せるのでした。


周辺の人気宿泊施設



ホテルルートイン関
【住所】:岐阜県関市西本郷通4−3−30  



関観光ホテル
【住所】:岐阜県関市池尻91−2 



湯本館
【住所】:岐阜県美濃市立花520−2  



料理旅館 いずみ荘
【住所】:岐阜県美濃市安毛31−5  



神明温泉湯元すぎ嶋
【住所】:岐阜県関市板取4838 


矢印

住所:岐阜県関市洞戸尾倉保木1-1
営業時間:10:00〜
営業期間:10月中旬まで
定休日:期間中は無休
駐車場:有り(無料)
関連URL:鮎の里ほらど



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ