人気宿泊施設ランキング

木曽路で一番賑わっていた宿場町「奈良井宿」【長野県】

オススメの観光スポット
naraijyuku001.jpg
江戸時代に、江戸と京都を結んでいた重要な街道の一つであった「中山道」。東京都・埼玉県・群馬県・長野県・岐阜県・滋賀県に67箇所の宿場が置かれていました。岐阜県だと中津川市の「馬籠宿」などが有名ですがここ長野県の「奈良井宿」も、当時は「奈良井千軒」と呼ばれ、多くの旅人たちが立ち寄る宿場町だったのです。

江戸時代に賑わっていた宿場町


奈良井宿
木曽路では一番の賑わいを見せていた宿場町と言うだけあって、かなり広い町並み。長野旅の途中でたまたま見つけて立ち寄ったのですが、思わぬ人気観光スポットでした。現在も「重要伝統的建造物群保存地区」として、その町並みが大切に守られています。

情緒が色濃く残る和の町並み


奈良井宿
いざ町並みを歩いてみると、日本の情緒をたっぷりと残した古い町並みに感動!軒先が張り出した家々が特徴的で、独特な景観を生み出しています。時代が変わっても旅人たちで賑わっていました。

信州が生み出した伝統工芸


奈良井宿
この辺りは現在でも続く曲げ物や漆器などの木工業が盛んで、宿場町に来た人たちに人気があったそうですよ。そんな木で作った日常雑器を旅人が江戸や京都などへ持ち帰り、その名が全国へ広がったんですって。木曽漆器はそういった歴史があり、今でも続く伝統工芸となりました。

町並みに6箇所ある水場


奈良井宿
町並みの中には、この写真のような"水場"が、山側に6箇所設けられています。山から流れてくる湧き水ですね。実際に触ってみるととっても冷たい!きれいな大自然が残る場所ならではの光景。飲むことだってできちゃいます。

困難な難所を目前にして


奈良井宿
宿場町と言うのは困難な難所を通る前にあることが多いのですが、ここも例外ではありません。ただでさえ長野県は「日本の屋根」と言われるほど高い山が多く、現代みたいに整備された道もなかったのでその道のりは険しかったと思います。特に"鳥居峠"と言われる難所が旅人たちの足を止めていたそうで、その峠を越える前などにこの宿場町で休んでいったのでしょう。

バリエーション豊富なお店


奈良井宿
町並みには多彩なお店が軒を連ねています。どこのお店も趣があり、景観にマッチした外観が魅力的。長野県発祥のおやきや、団子、そば、和風カフェなど、たくさんのお店があって何を食べようか迷ってしまうほど。もちろん旅館や民宿だってありますよ。

古い町並みと言えば団子や五平餅


奈良井宿
本当はガッツリ行きたかったのですが、いかんせん偶然立ち寄ったスポットだったので、無計画で既に食べてきてしまいました…。と言うことで食後のデザートにみたらし団子と五平餅を。馬籠宿の五平餅もそうだったのですが、この辺りは小判のように丸い形をしているのが特徴。馬籠で一度「何で丸くなったの?」とお店のおばあちゃんに尋ねてみたことがあるのですが、「理由は分からんがこの方が食べやすいじゃろ」とのことでした。

江戸時代の旅人気分になって


奈良井宿
のどかな光景に癒されっぱなしのひととき。和風の町並みに安心感を持つのは、やっぱり日本人の血なのでしょうか。お城ではこれから攻める足軽気分で、宿場町や古い町並みでは長旅をしてきた旅人気分で、そうやって見てみると一味違った気分で見られるので楽しいですよ。


住所:長野県木曽郡楢川村奈良井宿
駐車場:有り(無料)
ホームページ:奈良井宿観光協会



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ