人気宿泊施設ランキング

一度は行きたいお伊勢参り「伊勢神宮内宮」【三重県】

超オススメの観光スポット
伊勢神宮
言うまでもなく日本人なら誰もが知っている「伊勢神宮」。2013年には20年に1度の大祭"式年遷宮"も行われ、話題を集めました。日本を代表する神社の一つが、岐阜県のすぐお隣三重県にあるのならば行かないわけにはいかない!と言うことで、混雑覚悟でおでかけしました。

全国から人が集まる人気スポット


伊勢神宮内宮
何度来ても、いつ来ても、やっぱり混んでるなー。全国から人が訪れるからしょうがないけどね。外国からのお客さんも多いです。本当は外宮に行ってから内宮へお参りするのが正しい参拝の順路だそうですが、少し離れているので今回は内宮だけ。

祀られているのは天照大神


伊勢神宮内宮
境内はとても広く、小川が流れ緑に囲まれ、神聖な雰囲気が漂っています。ブームもありますが、最近ではパワースポットとしても注目を集めています。なんと言っても祀られているのが、日本最高峰の神様"天照大神"ですから。皇室の祖神ですね。途中の手水舎で、手や口を清めてから行きましょう。

1,300年続いている式年遷宮


伊勢神宮内宮
伊勢神宮内宮
伊勢神宮ともなると格式が高過ぎる神社で、神話の世界に片足突っ込んでる気分になります。創建はよく分かっていないようですが、少なくとも1,300年前から式年遷宮は行われていたんですって。その気が遠くなりそうな長い間、絶やすことなくこの大祭が続けられて来たかと思うと、この神社の歴史のすごさがよく分かります。

お守りを受ける神札授与所


伊勢神宮内宮
お守りやお札が欲しい方は、本殿までの途中にある「神札授与所」で買うことができます。私が行った時には、お守り一つ買うのにも大混雑していましたけどね。隣には、ご祈祷のお神楽を行う「神楽殿」もあります。

鳥居から30分ぐらいかけ到着


伊勢神宮内宮
鳥居をくぐってから歩いて30分近くかかり、ようやく参拝場所の近くまで来ることができました。以前冬に来た時は寒くて凍えそうでしたが、夏は夏で木陰を探しながら暑さに耐え、結構辛かった…。

式年遷宮で一新する建物


伊勢神宮内宮
私が訪れたのは式年遷宮前だったので、まだ新しい社が建設中でした。式年遷宮と言うのはいわゆる神様のお引越しで、社殿や御装束、神宝を造り変え、神さまにお遷りしていただくという行事です。神社にとっては何よりも一番大事なイベントです。常にきれいな場所でお祀りすると言うのが、何とも日本人らしい、日本人のおもてなし精神でしょうか。

伊勢神宮正宮に参拝


伊勢神宮内宮
伊勢神宮内宮
茅葺き屋根の正宮で参拝。広い境内に比べれば社殿は小さ目。しかしここが最終目的なので、石段にとにかく多くの人が並び、警備員の方たちが必死に整列させています。これじゃゆっくりはお参りできないなー。
とは言え江戸時代には、「一生に一度は行きたいお伊勢参り」と言われていたほど。それは今でも変わりません。神話や皇室とも深い関わりのある伊勢神宮。参道の伊勢おはらい町やおかげ横丁も、活気があって楽しいですよ。

住所:三重県伊勢市宇治館町1
駐車場:有り(有料)
関連URL:伊勢神宮



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398628592

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ