人気宿泊施設ランキング

古式日本刀鍛錬で匠の技術を学ぶ「関鍛冶伝承館」【関市】

普通の観光スポット
関鍛冶伝承館
関市は鎌倉時代から続く刀鍛冶が有名で、"刃物の町"として知られています。古くはお侍さんたちの日本刀を作っていたのが始まりなんですが、廃刀令で刀が禁止されると、実用的なナイフや包丁、爪切りやカミソリなどの生産に移行しました。しかし現在でも匠の鍛冶技術は受け継がれ、そんな技を見ることができるのが、ここ「関鍛冶伝承館」なのです。

侍たちも愛用、関の刃物


関鍛冶伝承館
今から780年前、九州の刀祖「元重」が関市へ移り住み、初めて日本刀が作られたのが始まりです。その後関市の刃物は「折れず・曲がらず・よく切れる」として全国の武士たちに愛用されていました。時代は変わり平和な世の中になっても、関の刃物は一流ブランドとして、全国にその名を轟かせています。

脈々と受け継がれてきた伝統技術


関鍛冶伝承館
関鍛冶伝承館
館内はそんなに広くありませんが、刃物に関する資料や実物がずらり。700年間伝えられてきた技や工程が、分かりやすく説明されています。刀産業が衰退してしまっても途絶えることなく脈々と受け継がれてきたと言うことは、その技術がまさに天下一品のものだったからでしょう。さすが、刃物の町と言われるだけのことはあります。

実物の日本刀の展示


関鍛冶伝承館
展示用に新しく作られたものだと思いますが、本物の日本刀もたくさん展示されています。近くで見るとアートのようでその美しさに惹きつけられるものがありますが、なんだかゾクっとしてしまいます。実際に重さを体験できるコーナーで持ってみると、意外と重い…。こんなの振り回して戦ってたんだもんなー。戦国時代に生まれなくて良かった…。

超巨大な日本刀


関鍛冶伝承館
次は2階フロアに上がってみました。まず目に飛び込んでくるのが、超巨大な日本刀。太さも長さも、普通の日本刀の10倍ぐらいはあるでしょうか。刃がついているのかどうかは分かりませんが、まず鞘から出すことすらほとんど不可能。一体何人がかりで使うのでしょう…。前田慶次とかならいける?

種類豊富な刃物製品


関鍛冶伝承館
2Fはポケットナイフや爪きりなど、現代使われているような刃物が多数展示されています。かわいいものからかっこいいものまで、いろんな種類があるんだなーと感心してしまいました。一風変わったナイフもあって、なかなか面白かったです。

古式日本刀鍛錬の公開


関鍛冶伝承館
さて実はこの日訪れたのは、これが見たかったから。3月、4月、6月、11月の第1日曜日、1月2日、10月体育の日の前の土・日曜日などに、「古式日本刀鍛錬」が無料で見られるのです。熱い鉄を打って形を整えていく、古くから続く迫力のある匠の技を、間近で見ることができます。

これぞ匠の技


関鍛冶伝承館
白い衣装に身を包んだ鍛冶職人たちが、真っ赤に燃えた鉄を叩き始めました。温度を上げるまでに結構時間がかかるので暑い日なんかは待っているのが辛いですが、実演が始まった途端夢中になってしまいました。日本独自の製法とあって、外国からわざわざ見に来ているお客さんも多かったです。なかなか見られるものじゃないので、一見の価値あり。ちなみにこの日は伝承館も無料で入ることができますよ。

トンテンカンの独特のリズムで


関鍛冶伝承館
途中からは3人になり、「トンテンカン」と独特のリズムを刻みながら鉄を打つ様子が見られました。この日デビューしたちょっと不慣れな若い男性の職人さんもいましたが、こうやって代々その技術が受け継がれているんだなーと思いました。機械で何でも作れるようになった現在ですが、人の手にしかできない温かみや技術は、後世に残していきたいものです。

それぞれのプロによる実演


関鍛冶伝承館
もちろん鉄を打つだけでは刀は完成しないので、「研師」「白銀師」「柄巻師」「鞘師」などと呼ばれる匠の技術も必要になります。この日は日本刀鍛錬と共に、それぞれのプロたちによる技術も見ることができますよ。何年修行をつんでもできなさそうなプロならではの仕事はかっこよかった。何人もの匠の技があって、初めて一つの刀が完成するんだなぁーと、実際に見て勉強になった一日でした。


周辺の人気宿泊施設



ホテルルートイン関
【住所】:岐阜県関市西本郷通4−3−30  



関観光ホテル
【住所】:岐阜県関市池尻91−2 



湯本館
【住所】:岐阜県美濃市立花520−2  



料理旅館 いずみ荘
【住所】:岐阜県美濃市安毛31−5  



神明温泉湯元すぎ嶋
【住所】:岐阜県関市板取4838 


矢印

住所:岐阜県関市南春日町9-1
入場料:大人200円、小中学生100円
営業時間:9:00〜16:30
定休日:火曜
駐車場:有り(無料)
関連URL:関鍛冶伝承館



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398584938

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ