人気宿泊施設ランキング

不思議なアートの世界へ「養老天命反転地」【養老町】

オススメの観光スポット
養老天命反転地
他では決して体験することができない、不思議の体験ができるレジャースポットが養老町にあります。その名も「養老天命反転地」。養老公園の一角にあり、近くには日本の滝百選にも選ばれている「養老の滝」もありますよ。

体験型のアートのテーマパーク


養老天命反転地
子供の頃は遊園地的な感じの場所だと思っていたんですが、実はここは体験型のアートの世界。世界的に有名なアーティスト"荒川修作氏"とそのパートナーで詩人の"マドリン・ギンズ氏"によって造られました。建物一つ一つが実は哲学的にも深い意味を持っているのです。

ヘンテコな公園


養老天命反転地
この公園自体が一つの芸術作品となっているんですが、体験する側からしたらちょっと変わったテーマパークと言ったところ。深い意味を考えずに、不思議の世界を体験できます。迷路のようになっていたり、上下逆さまの部屋があったり、とにかくヘンテコワールドなのです。

広大な敷地で脳が錯覚


養老天命反転地
脳が錯覚して、だんだん上も下も分からなくなったりもします。ちょっと危険な場所もあるので、ヒールなどは厳禁。ほとんど複雑な造りになっていて、平坦な場所は少ない。敷地もそうとう広いので、歩くことは覚悟でどうぞ。

園内に造られたパビリオン


養老天命反転地
園内には、様々なユニークなパビリオンが作られています。いろんな場所に日本列島や岐阜県の地図があるんですが、正直テーマが難し過ぎるので、意味は全く分かりません…。純粋に迷路のようなテーマパークとして楽しめる子供の方が合ってるのかな。

不安定な感覚で脳を刺激


養老天命反転地
とは言え、非日常的な空間で不思議な世界を体験すると、何か感覚が変わるような気分でした。不安定で危ない体験で、脳に刺激を与えているのかもしれません。全く光がない真っ暗な部屋に入って迷ってしまった時には、もう一生出られないかと思って焦った…。

哲学的な深い意味を持つアート


養老天命反転地
荒川修作氏たちの頭の世界にあるモダンアートを、そのまま形にしたらきっとこうなったんでしょう。意味を知ったらもっと楽しめるかも。人がすれ違えないほどずっと続く狭い通路があって歩いていったのに、その先に何もないことなどにも驚かされました。これは頑張っても、何もないこともあるよ、と言う意味なのでしょうか。

全身を使って入り込む世界


養老天命反転地
美術館で見るアートとは違い、全身を使って入り込めるアートの世界。芸術に興味のある人でもない人でも、この不思議の世界は一度は行く価値あり。楽しかった!と言う人と、あんまりだったと言う人に分かれますが、私は期待通り結構楽しめました。

周辺の人気宿泊施設



滝元館 遊季の里
【住所】:岐阜県養老郡養老町養老公園1290―167  



養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
【住所】:岐阜県養老郡養老町押越1374番地50 



アパホテル<大垣駅前>
【住所】:岐阜県大垣市高屋町1-150



バードグリーンホテル フェンテ・グランデ
【住所】:岐阜県大垣市南頬町1−159  



ホテルルートイン大垣インター
【住所】:岐阜県大垣市築捨町4丁目115-1


矢印

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
入場料金:大人710円
入場時間:9時〜4時半
駐車場:有り(有料)
関連URL:養老天命反転地



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396949474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ