人気宿泊施設ランキング

暑い夏はひんやり鍾乳洞で避暑「大滝鍾乳洞」【郡上市】

超オススメの観光スポット
大滝鍾乳洞
夏のレジャースポットと言えば鍾乳洞!郡上市にはいくつか鍾乳洞があり、毎年必ずと言っていいほど遊びに行きます。海のない岐阜県にとって、ひんやりと涼を楽しめる鍾乳洞は夏の人気スポットで、「大滝鍾乳洞」はこの日も観光バスも何台か止まっており、多くの人で賑わっていました。

30分間の神秘の世界へ


大滝鍾乳洞
この大滝鍾乳洞は、東海地方では最大級の規模を誇る鍾乳洞。2億年以上前にできた竪穴式の鍾乳洞で、自然が作り上げた神秘の世界を楽しむことができます。所要時間は30分程度と以外と長め。

鍾乳洞に入る手前には


大滝鍾乳洞
鍾乳洞に入る前の広場には、お土産屋さんや釣り堀、休憩スペースなどがあります。ここの鍾乳洞はいつからあるのか分かりませんが、昭和チックな雰囲気。日陰で暑さを凌ぐ人たちが多く、心和む夏の一幕と言った感じでした。

ケーブルカーで鍾乳洞の入り口へ


大滝鍾乳洞
実はここ、鍾乳洞の入り口が高い位置にあるため、全国でも珍しい木製のケーブルカーに乗って入り口まで行きます。ここにも長蛇の列ができていましたが、以外とすんなり乗ることができました。緑を見て風を感じながらケーブルカーに乗っていると、あっと言う間に終点に到着。

ひんやり…と言うより少し寒い避暑スポット


大滝鍾乳洞
ようやく鍾乳洞に入ることができます。いざ、2億年前の古代の世界へゴー。暑いし早く入りたかったんですが、入り口に近づくと寒っ!真夏なのに半袖ではかなり寒いです。温度は年中一定で18℃前後。上着を持っていった方がいいかも。

太古のロマン


大滝鍾乳洞
ワクワクしながら大冒険に出てみると、入り口付近から既に幻想的な世界が広がっていました。芸術家の手によって造られたかのような、見事な自然のアートです。長い時間をかけ、石灰岩層にできた断層が地下水によって少しずつ削られていきできたものです。

冒険家になった気分で


大滝鍾乳洞
足元が濡れて急な階段なども多いため、転倒にはご注意を。天井も低いので、頭を打たないようにかがんで進んだりもします。結構険しい道のりが続き、本当に冒険家になった気分。子供も大人も、みんな楽しめると思いますよ。

豊富な水が鍾乳石を作り上げる


大滝鍾乳洞
大滝鍾乳洞は総延長2kmに及び、鑑賞コースは約700mとなっています。水に恵まれた鍾乳洞のため、現在でも鍾乳石は成長し続けているんですって。そのため、鍾乳石本来の色である乳白色のものが多いのも特徴。

地球の神秘


大滝鍾乳洞
鍾乳石の形によって色々名前がつけられているのもおもしろかった。近くで見ると人工的なものにしか見えないほど、繊細で神秘的に造られています。私たちが生まれるずっとずっと前から少しずつ造られてきたと思うと、地球って生きているんだなと感心してしまいました。

洞内最深部の神秘的な大滝


大滝鍾乳洞
暗過ぎて写真にはうまく収められませんでしたが、洞内最深部には、落差30mほどの大滝があります。あー、だから大滝鍾乳洞なのか。納得。こちらはこの鍾乳洞の中でも一番の見どころと言ってもいいスポットで、撮影している人が多くいました。

夏の楽しい思い出に


大滝鍾乳洞
30分間の洞窟の冒険を終え、出口にやってきました。2億年の太古の世界へのタイムトラベルは、夏のとっても楽しい思い出となりました。日常生活からかけ離れ、普段体験できない体験を楽しめて大満足。にしてもせっかく寒さにも体が慣れてきた頃なのに、外は蒸し暑い…。

流しそうめんとセットプランで


大滝鍾乳洞
鍾乳洞の入場料が1,000円なのに対し、流しそうめん食べ放題とのセットプランが1,300円とかなりお値打ち。なのでもちろん食べて帰ってきました。
大滝鍾乳洞
色々食べ歩いていてどこも混んでいるイメージがある流しそうめんですが、ここはあまりお客さんがいなくて貸切状態でゆっくり食べられて良かった。セルフ的な感じだったけどね。つゆもおかわりはお金がかかることが多いけど、ここはおかわり自由的な感じでした。他にも軽食などはありますが、私は絶対流しそうめんがおすすめ!

周辺の人気宿泊施設



ホテル郡上八幡
【住所】:岐阜県郡上市八幡町吉野208 



あさの旅館
【住所】:岐阜県郡上市八幡町大手町817  



三冨久
【住所】:岐阜県郡上市八幡町島谷808 



旅館 磨墨
【住所】:岐阜県郡上市八幡町殿町1番地 



備前屋
【住所】:岐阜県郡上市八幡町柳町264番地 


矢印

住所:岐阜県郡上市八幡町安久田2298
営業時間:8:30〜17:00
料金:大人1,000円
駐車場:有り(無料)
関連URL:大滝鍾乳洞



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ