人気宿泊施設ランキング

風に揺れる優雅な藤「曼陀羅寺公園の江南藤まつり」【愛知県】

オススメの観光スポット
kounanhujimaturi001.jpg
愛知県江南市の「曼陀羅寺公園」で、毎年4月下旬〜5月上旬のゴールデンウィーク頃に、藤祭りが開催されています。約43,000平方メートルの境内いっぱいに藤が咲き誇り、訪れる人の心を和ませます。

露天などが出てお祭りムード満点


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
曼陀羅寺公園の江南藤まつり
私が行った時は藤祭りが始まってすぐだったので、混んでいたとは言え、露天などもやっていないお店が多かったんですが、これがゴールデンウィークにもなると、藤も一層見頃になり、大変多くのお客さんで賑わうスポットになります。有名な藤の名所ですから。

種類豊富なたくさんの藤


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
車を走らせていて咲いていればなんとなーく見るだけの藤ですが、こんな見事な藤は初めて。早咲きの藤から遅咲きの藤まで、12種類、約60本もの藤が境内を飾ります。垂れ下がった花がホワーッと風に揺られてとっても優雅です。

長く優雅な藤や小さく可憐な藤


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
曼陀羅寺公園の江南藤まつり
藤には詳しくないので全く分かりませんが、ユラユラと長い花房の藤や、かわいらしくこじんまりと小さめの藤など、同じ色でも種類が違うのが見てとれます。

見頃はゴールデンウィーク


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
満開に咲いているものもあれば、まだちょっと早かったかなって言う藤もあったので、やっぱり見頃は5月上旬のゴールデンウィーク頃かな。祭りのために用意された臨時駐車場もありますが、この辺りは住宅が多く道も狭いのでかなり混雑します。要注意。

色とりどりで色鮮やか


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
藤と言えば紫のイメージでしたが白い藤も色鮮やかでこれまたきれい。と言うよりかわいいですね。寒い冬も終わり気候も暖かくなってきて、これから来る梅雨や夏の訪れを藤が告げています。四季折々の花はその時期が来たら必ず咲き、私たちに季節を教えてくれるんですね。

おしとやかな和風の女性を連想


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
曼陀羅寺公園の江南藤まつり
きれいきれいと書いていても仕方ないので豆知識。藤の花言葉は「歓迎」や「優しさ」だそうです。バラのように豪華な華やかさには欠けますが、たおやかでしとやかな藤は、古くから女性に例えられることも多かったそうです。確かに和服の女性とよく合いそうなお花ですね。

満開時には藤の天井ができる


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
朝早くに来れば人もほとんどいないので、ゆっくりと静かに香りを楽しみながら藤を鑑賞することができると思いますよ。満開時には空が覆い隠されるほど藤棚がいっぱいになり、まるで藤に包まれるかのようなステキな藤の世界が広がります。

初めての藤まつりを堪能


曼陀羅寺公園の江南藤まつり
桜、菜の花、チューリップ、バラ、コスモス、紅葉など、いろんな花のお祭りに行ってきましたが、藤はこの日が初めてでした。和風な雰囲気がお寺ともよくマッチしていてなかなか良かったですよ。藤が欲しい方は売店でも販売されていたのでこちらでどうぞ。

住所:愛知県江南市前飛保町寺町202
駐車場:周辺に有り(有料)
関連URL:曼陀羅寺公園江南藤まつり



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ