人気宿泊施設ランキング

岐阜と言えばやっぱり鵜飼「長良川うかいミュージアム」【岐阜市】

イマイチの観光スポット
長良川うかいミュージアム
"岐阜"と言えば「鵜飼」なしには語れません。1,300年の歴史を持つ長良川の夏の伝統行事で、松尾芭蕉や織田信長や徳川家康、チャールズ・チャップリンに至るまで、数多くの著名人が鵜飼を絶賛したと言われています。今回はそんな鵜飼の全てを学べる博物館「長良川うかいミュージアム」をご紹介!

岐阜市の新名所で鵜飼のお勉強


長良川うかいミュージアム
2012年に誕生し、岐阜市の新しい観光スポットの一つになりました。鵜飼は夏だけですが、ここは年中やっているので、鵜飼の無い時期はここでお勉強。館内はレストランやお土産屋さんがある無料スペースと、展示室のある有料スペースに別れています。駅周辺や街中でもないのに駐車場が有料だったのはちょっと残念…。

きれいなシアタールームがお出迎え


長良川うかいミュージアム
有料スペースに入るとまず現れるシアタールーム。でっかい鵜飼船とマネキンが置いてあり、その後ろで流れる10分ほどの映像で鵜飼についての説明が始まります。さすがにまだ新しいだけあって展示はきれい。

天皇陛下も訪れたスポット


長良川うかいミュージアム
シアタールームのお隣にちょっとした展示物のお部屋が。うかいミュージアムができた時に、天皇、皇后両陛下もお見えになっています。その時のお写真なんかも飾られていました。

子供たちが喜びそうな体験型の展示物


長良川うかいミュージアム
入り口は2階なので次は1階に降りてみました。ここはだだっ広いスペースに、様々な趣向を凝らした展示物が所狭しと並んでいます。なんでも、鵜飼船の下、つまり水中をイメージした作りになっているそう。なぜか全体的に水中ってより近未来的なのがやたら気になる…まぁきれいだからいいんだけど。

長良川うかいミュージアム
鵜匠さんの正式名称は、「宮内庁式部職鵜匠」と言い、代々その技法が親から子へと受け継がれてきました。国の職員になるんですね、岐阜が誇る方たちです。

長良川うかいミュージアム
展示は見るだけじゃなく、クイズ形式や体験型で子供たちには楽しめる作りでした。ただ、大人はどうかなぁ。つまらなかったわけじゃないし勉強にはなったけど、駐車料金払ってまでもう一回は行かないかもしれない…。ただ、実際に鵜飼舟に乗って鵜飼を見る方は、乗り場からも近いので、ここで鵜飼について知ってから行くのもありかも。

長良川うかいミュージアム
巨大な鵜は展示スペースの中でも一際目立っていました。体のところどころがパカっと開いて鵜飼の豆知識などを学べます。色々頑張ってる感はあるんですが、思ったより展示物は少なく、以外と短時間でサラリと見終えちゃいました。

本物の鵜を見学


長良川うかいミュージアム
建物から外に出てみると、写真じゃちょっと分かりにくいんですが、本物の鵜が何頭か。この子たち、間近で見ると想像よりはるかにでかくて迫力満点で恐ろしいんです。

長良川と金華山、岐阜の町に癒されて


長良川うかいミュージアム
長良川の河川敷に建っているので、ロケーションは抜群です。川沿いに出ることもできました。これぞ岐阜が誇る長良川と金華山。絶景ですね。まだ新しいミュージアムなのでこれからに期待ですが、岐阜に住んでるなら、岐阜に来たなら、一度は行っておきたいおでかけスポットでもあります。鵜飼は、岐阜が語り継ぎたい伝統の一つですからね。

周辺の人気宿泊施設



天然温泉 金華の湯 ドーミーイン岐阜駅前
【住所】:岐阜県岐阜市吉野町6−31



十八楼
【住所】:岐阜県岐阜市湊町10



岐阜グランドホテル
【住所】:岐阜県岐阜市長良648



ホテル パーク
【住所】:岐阜県岐阜市湊町397-2



長良川観光ホテル石金
【住所】:岐阜県岐阜市長良112


矢印

住所:岐阜県岐阜市長良51-2
営業時間:9:00〜19:00(鵜飼シーズン:5/1から10/15まで)
       9:00〜17:00(鵜飼オフシーズン:1/4から4/30までと10/16〜12/28まで)
定休日:1月4日〜4月30日までと10月16日〜12月28日までの毎週火曜
入場料:大人500円、小人250円(乳幼児無料)
駐車場:有り(最初の30分無料。以降30分ごとに100円)
関連URL:長良川うかいミュージアム



大きな地図で見る





過去の記事をランダムに表示





最新の記事


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ